Collect from LYL Gift
  • Mitsunari-Gift

    睡眠時間も人生の一部。人生の3分の1は、睡眠で占めている。

    「よい人生を送る」という言葉は、起きている時間だけを充実させるのではなく、眠っている時間も充実させるということなのです。

    Love Your Life !

    About Us

    • 寝室が、いちばん好きな場所になる。
      「快適な眠りと目覚めはもちろん、寝室で過ごす時間がもっと楽しくなるように」という寝室空間の新提案。“眠り”について「寝室のあり方」を住まいやくらし、環境含めトータルに考えました。

    • ・光のサポート
      ・温度のサポート
      ・カラー(色)のサポート/ウインドウ・トリートメント(ビタミンカラー)
      ・空気のサポート/アレルゲン対策

  • 事業目標

    マーケティング

    顧客のことを知り製品サービスを合わせる目標を立てます。

    Read More

    人的資源育成

    人的資源の可能性を最大限するための目標を立てます。

    Read More

    生産性

    手持ちの資源から最大のアウトプットを生み出し、現在のアウトプットを最小の資源で生み出す目標を立てます。

    Read More

  • Goods

    寝具 綿 ダウン 羽毛 その他
    掛け布団  
    肌掛け  
    寝具カバー    
    ベビー専用        
                 
    照明 卓上 足元 寝室 廊下 その他
    LED
    その他
    Mitsunari-GIFT は、寝具とインテリアのネット通販を通して、
    お客様にご満足いただき感動と笑顔をお届け致します。

    お客様に本当に楽しんでショッピングしていただく為に、日々勉強、改善し、インテリアショップのプロフェッショナルとして「デザイン性豊かなインテリアのある暮らし」をご提供いたします。
  • 積み重ねってホント大事です。単純なことですが、簡単ではないですね。今日もこれからもよろしくお願いいたします。

  • Our Prices

    ポリエステル掛け布団:
    シングル用  ¥4980~
    セミダブル用  ¥5980~
    ダブル用  ¥6980~
    クイーン用  ¥8980~

    ダウン100%掛け布団:
    シングル用  ¥9980~
    ダブル用  ¥12980~

    羽毛掛け布団:
    シングル用  ¥7980~
    ダブル用  ¥8980~

    真綿掛け布団:

    シングル~クイーン用 1.5kg真綿  ¥24980~
    シングル~クイーン用 2.5kg真綿  ¥38980~

    単品:

    掛け布団カバー ¥2680~
    フラットシーツ ¥2480~
    枕カバー ¥2480~

  • Our Address

    東京都 台東区
    下谷,2-24-11-908


    Telephone:
    FAX:
    E-mail:


    03 3873 6418
    03 3873 6417
    info@mitsunari-gift.com

    卸について

    当店ではオリジナルの寝具や雑貨などを卸販売しております。

    卸売りについてご興味のあるかたは
    ホームページの問い合わせから送信いただくか、
    または電話でお問合せください。
    後ほど担当者よりご連絡いたします

     

    Contact Form

    Send Clear
  • Read more

    ・ マーケティングとは、顧客のことをよく知って理解し、製品とサービスが顧客の求める価値にぴったりと合って、自ずと売れるようにすることです。
    ・ 年ごとに集中する分野を明確にし、どのような市場でどのような市場地位、すなわちリーダーシップを築くべきかを明らかにし、目標を立てます。
    ・ 既存の製品サービスと市場の廃棄、既存の市場向けの新しい製品サービスの開発、新しい市場の開拓とその製品サービスの開発、流通組織の整備と開拓、顧客サービスの開発と成績、信用供与の開発と成績についての目標を立てます。

    ・ 組織のミッションと組織の成果に必要な人材を明確にし、その確保と発掘、育成についての目標を明らかにします。
    ・ 仕事に必要な知識とスキルを明確にし、各自がその修得に必要な機会をもつことができるように目標を立てます ・ 自己目標管理によって成果をあげ成長する仕組みづくりについて、目標立てます。

    ・ 生産性とは、手持ちの資源から最大のアウトプットを生み出すことであり、あるいは現在のアウトプットを最小の資源で生み出すことです。
    ・ 現在の製品を最小の資源で生み出すには、生産要因間のバランスを効率よく組織化する方法と仕事を生産的に組織化します。
    ・ 働く者が自らの仕事の成果についてフィードバック情報を活用できる仕組みをつくり、仕事の成果を自己管理できるようにします。さらに必要な能力を恒常的に向上していく機会をもつことができるようにし、継続学習を支援する目標を立てます。